ホーム HOME » 漬け物帖 » » 梅ジュースの作り方

梅ジュースの作り方

梅ジュースの作り方

材料

生梅      …1㎏
梅ジュースの素 …1袋
(※製品上、はちみつを使用しておりますので、満1歳未満の乳児には飲ませないでください。)

  • 1.
    umejuice_2
    青梅の場合は、梅を追熟させます。
    通気性の良い状態で常温において追熟させてください。

    ※追熟させすぎないようにしてください。傷がついたり、皮が破れてしまった梅は使用しないでください。カビの原因になります。
  • 2.
    umejuice_3
    梅を水で洗い、水気をしっかりと拭きます。
  • 3.
    umejuice_4
    ヘタを楊枝で取り除きます。

    ポイント:
    梅を洗ってヘタを取った後、一度冷凍してから漬け込むと、梅がよりふっくらと仕上がります。
  • 4.
    umejuice_5
    清潔な容器に②の梅と梅ジュースの素を入れて、涼しい所で漬けます。

    ※保存料を使用しておりませんので、28℃以下で保管し、室温が高い場合は冷蔵庫に入れてください。
  • 5.
    回す(フタあり)
    漬け始めに液に梅がひたひたに浸っていない場合は、
    1日に1~2回容器を回して、梅全体が液にふれるようにしてください。
    液がこぼれないように注意してください。
  • 6.
    umejuice_7
    漬けてから、2週間経過したころから、お召し上がりいただけます。
    炭酸水や水で3倍に薄めてお飲みください。

Q&A

  • カビが生えてしまった場合は
    • 漬かっていない梅にカビが生えてしまった場合、液が濁っていないようでしたら、カビの生えた梅を捨て、液に浮いたカビも捨てます。
      残った液と梅を煮沸消毒して、新しい清潔な瓶に入れ、冷蔵保存してください。

 

  • 液の上面に白い膜ができた
    • 産膜酵母の可能性が高いです。そのまま放置しておくとカビの原因になるため、取り除きます。
      1. 消毒したおたまで白い部分をすべて取り除いて捨てます。
      2. 梅にも膜がついていれば、すべて取り除いて捨てます。
      3. 残った液と梅を煮沸消毒して、新たな清潔な瓶に入れ、冷蔵保存してください。

 

  • 泡が出てきた
    • 酵母が発酵している可能性が高いです。梅と梅シロップを鍋に入れて、加熱し、沸騰させてください。
      新しい清潔な容器に入れて、冷蔵保存してください。

 

  • 梅が茶色になった
    • 梅が液に浸っていない状態で茶色くなっている場合は、傷みかけていますので、そのままだとカビの原因になります。
      しっかりと梅が液にふれるようにビンを回してください。
      液に浸った状態で茶色くなった場合は、問題ありません。

 

  • 梅ジュースの素が余ったら、梅以外も漬けられますか?
  • 梅以外にも、お好きなフルーツを漬けることが出来ます。
    <例:レモンの漬け方>
    材料:レモン1個、梅ジュースの素200ml
    作り方:レモンを薄切りにして、清潔な瓶にレモンと梅ジュースの素を入れます。レモンが浮かんでくるようであれば、軽く振ってレモンが液に浸るようにしてください。冷蔵庫で1晩漬けて出来上がり。

 

 

関連する商品やレシピはこちらです

 
Copyright (C) 2015 Kodama Foods Co., Ltd All Rights Reserved.