ホーム HOME » 漬け物帖 » » カリカリ梅の漬け方

カリカリ梅の漬け方

ご自宅で美味しいカリカリ梅が作れます。

カリカリ梅の漬け方

青い生梅              … 1kg
塩                 … 100g
こだま 赤く漬かるカリカリ梅のもと … 1袋

かたくて鮮度の良い、青い生梅(小梅)で漬けるのがコツ
※鮮度が落ちた梅ではカリカリに漬け上がらない事があります。

  • 1.
    生梅1kgを水洗いし、水切りして楊枝などでなり口のヘタを取ります。
    生梅を水洗いし、水切りして楊枝などでなり口のヘタを取ります。
  • 2.
    塩(梅の重量に対して10%)をふりかけ、ボウルに梅を軽くこすり合わせるように塩がまんべんなくまとわり付くまで塩もみをします。
    塩をふりかけ、ボウルに梅を軽くこすり合わせるように塩もみをします。
  • 3.
    水洗いをし、塩を洗い落とし、十分に水切りをします。ヘタの中に入った水もキッチンペーパーなどで十分にふき取ります。
    水洗いをし、塩を洗い落とし十分な水切りをします。ヘタの部分も含め、キッチンペーパーなどで十分に水をふき取ります。
  • 4.
    清潔な容器に梅を入れ、赤く漬かるかりかり梅の素を1袋入れてください。※素にカルシウムが含まれているので卵の殻(カルシウム)を入れる必要はありません。
    清潔な容器に梅を入れ、「赤く漬かるカリカリ梅のもと」を入れてください。
  • 5.
    表面に落し蓋かビニールを置き、軽い重しをしてください。※なるべく空気に触れないようにすると、いっそうきれいに漬かります。
    表面に落し蓋かビニールを置き、軽く重しをしてください。
    ※なるべく空気に触れないようにすると、いっそうきれいに漬かります。
  • 6.
    ゴミが入らないように蓋をして漬け込んでください。約2~3週間で漬け上がります。※塩分濃度を一定にするために毎日1~2回、落し蓋をとって容器をゆすると漬かりが早くなります。※漬け上がり後は冷蔵庫で保管してください。
    蓋をして漬け込んでください。液が十分に漬かるよう時々容器を動かし、梅に液をなじませてください。

※漬け込み後、小梅の場合は約2週間、中梅で3~4週間程度でお召し上がりいただけます。
(中梅の場合、楊枝などで穴を開ける事をお勧めします。)
※梅がカリカリに仕上がりましたら、小さめの密封ビン等に移し替え、冷蔵庫での保管をお勧めします。
※カリカリとした食感をお召し上がりいただくにはお早めのお召し上がりをお勧めします。
(カリカリ具合が少なくても、充分においしくお召し上がりいただけます。)

関連する商品やレシピはこちらです

 
Copyright (C) 2015 Kodama Foods Co., Ltd All Rights Reserved.