ホーム HOME » 漬け物帖 » » やさしい梅漬けの漬け方

やさしい梅漬けの漬け方

「やさしい梅漬けの素」は、完熟梅に注ぐだけ。
塩分6%程度の梅漬けが簡単に作れます!
※本品1袋で完熟梅1㎏を漬けた場合の弊社テスト結果であり、条件により若干の誤差を生じる場合があります。

やさしい梅漬けの漬け方

黄~橙色に熟した梅      … 1kg
こだま やさしい梅漬けのもと … 1袋

  • 1.
    梅を水で洗い、水気をしっかり除きます。
    よく熟した梅を水で洗い、水気をしっかり除きます。
    ※黄~橙色になるまで熟した梅が最適です。(青い梅は袋などから取り出し、通気性の良い状態で常温において追熟させてください。)
  • 2.
    なり口のヘタを楊枝などで取ります。
    なり口のヘタを楊枝で取り除きます。
  • 3.
    清潔な容器に梅とやさしい梅漬けのもとを入れ、涼しい所で保存してください。
    清潔な容器に梅と「やさしい梅漬けのもと」を入れ、涼しい所で保存してください。
  • 4.
    漬け方_やさしい梅3-1
    ※漬け始めに梅が液にひたひたに浸っていない場合は、梅全体に液がふれるように1日に1~2回容器を回してください。
  • 5.
    目安として約1ヶ月が経過した頃からお召し上がりいただけます。漬け上がりのサインとして渋みが抜けフルーティーな酸味と甘味がします。
    目安として約1ヶ月が経過した頃からお召し上がりいただけます。
    漬け上がりのサインとして渋みが抜けフルーティーな酸味と甘味がします。
    ※渋みがあるようであれば、
    しばらく漬けておいて1週間ごとにお確かめください。

    <保存方法>
    ・なるべく涼しい所で液に浸した状態で保存してください。

こんな工夫も
●梅漬けを漬け始めて約1ヵ月が経過し美味しく漬かった後、真夏の太陽で4日間ほど天日干しすると梅干しになります。
(土用干しした梅を液に戻さず使用する場合は、出来るだけ冷蔵庫にて保存してください。)
●塩漬けされた赤しそと一緒に漬ければ赤い梅漬けになります。

関連する商品やレシピはこちらです

 
Copyright (C) 2015 Kodama Foods Co., Ltd All Rights Reserved.